カテゴリ: 科学

 「明け方にふくらはぎが痙攣(けいれん)して、あまりの痛さに飛び起きたんです。家内をたたき起こして、足の親指を引っ張ってもらい、その場はおさまったんですが、昼になってもまだ痛くて」と言って、私の外来を受診される方がおられる。同様の痛い経験をお持ち ... もっと読む

 江川信江さん(仮名、80代後半)と文福(ぶんぷく)の交流も、文福の癒やしの力と看取(みと)る力を実感できた出来事として強く印象に残っています。 ... もっと読む

医療現場で“あるマスク”が物議を醸しています。通常は「N95」というタイプのマスクが使われますが、これは需給がひっ迫しています。そこで国や自治体は代用品として別のタイプのマスクを支給しました。しかし、医療現場からは「使い物にならない」との声が次々と ... もっと読む

 長男の洋介と次男とは2歳違い。洋介が3歳で医師から自閉症だと告げられたとき、次男はちょうど初めての誕生日を迎えたころだった。精神科医の話を聞く間、妻に抱っこされてむずかっていたのだが、それを見た医師に、  「今に、この子が追い抜いてしまいますよ」 ... もっと読む

 新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医療現場で役立ててもらおうと、秋篠宮ご一家が手作りした医療用ガウンが、恩賜(おんし)財団済生会(東京都港区)に届けられた。ガウンが不足していることを知り、宮内庁職員とともにポリ袋で300着を作ったという。ご一 ... もっと読む

火星最大の火山・オリンポス山の南東に並ぶ3つの火山のうち、中央にあるパヴォニス山の山腹には大きな穴が空いています。NASAの火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」は、この穴を軌道上から撮影しました。 穴の幅は約35m、深さは約28m。真上から撮影 ... もっと読む

 Fさんは最近、目の痛みで悩んでおり、クリニックを訪れた。眼科を受診したところ、痛みの原因となる目の病気はなかったので、内科受診を勧められたという。  特に朝、外出の前にお化粧をしている途中に目が痛くなり、同時に涙と鼻水が出る。そして、目を開けて ... もっと読む

【AFP=時事】危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。 ... もっと読む

 子育て世代のがん患者の交流の場などを運営する一般社団法人「キャンサーペアレンツ」の代表理事で、胆管がんをわずらっていた西口洋平さんが8日、40歳で死去した。葬儀・告別式は親族で行った。 2015年、人材会社の営業マンだった35歳のとき、ステージ4の胆管が ... もっと読む

一部の地域では緊急事態宣言の解除が検討されているものの、依然として新型コロナウイルスの感染予防には気を抜けない。予防には、徹底した手洗いとともに、手指の消毒が重要だ。 しかし、消毒液の種類はさまざま。中には使用法を誤ると健康を害するものもある。 ... もっと読む

↑このページのトップヘ