5回に逆転の右越え2ランを放つ阪神・糸井 (C)Kyodo News◆ 大山離脱もなんの!接先制しカード勝ち越し
 阪神が2連勝で今季のDeNA戦3カード連続の勝ち越し。デーゲームは引き分け1つを挟み14連勝となり、貯金は今季最多を更新する「14」となった。
 打線は相手先発のピープルズに3回までパーフェクトに抑え込まれていたが、1点を追う5回に先頭の4番・佐藤輝明が四球で出塁すると、続くサンズの左中間を破る二塁打で一走・佐藤輝が一気に同点のホームイン。さらに今季2度目のスタメン起用となった6番・糸井嘉男が右中間スタンド中段に飛び込む勝ち越し2号2ランを放った。
 投手陣は先発のガンケルが右肩のコンディション不良で3回限りで降板したものの、2番手の馬場皐輔が3イニング無失点の好リリーフ。終盤3イニングを岩貞祐太、岩崎優、スアレスの必勝リレーで逃げ切り、馬場に今季初勝利(1勝0敗2ホールド)が記録された。
 9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に電話出演した解説の金村義明氏は、「投打ともに今年のタイガースの選手層は分厚い」と、首位を走り続けるチーム状況に言及した。
 「佐藤輝明は『4番』でも堂々としている。打撃はさることながら、守備と走塁も。一塁から長駆ホームインする走力も大したもんですよ。守備もサードってこんなに簡単だったんかなって思うくらい難なくこなすんですよ」と、コンディション不良の大山悠輔に代わって「4番・三塁」で出場しているドラフト1位ルーキーのプレーぶりを絶賛。この日は7試合ぶりの無安打に終わったが、走攻守全てでの奮闘ぶりを評価した。
 また、今季2試合目の先発で殊勲弾を含む2安打2打点と気を吐いた糸井、4月20日の今季初昇格から7試合連続無失点の好投で今季初勝利を手にした馬場の働きぶりも評価し、「この選手層の厚さというのが、いま阪神が強い理由。当分はダダっと落ちていかないだろうと思います」との見解を示した。
 同番組にスタジオ出演した高木豊氏も「柔軟性がありますよね」と阪神の戦いぶりを評価。「大山が抜けたら、佐藤輝を三塁に持っていって4番を打たせるとか。それと“2番最強説”ということが言われているなか、糸原を2番に置いて、しっかりしたクリーンナップに繋いでいる。バントあり、エンドランあり、ヒッティングあり。凄くチームに柔軟性を感じますよね。ホームランが出ないときは足を使ったり。ものすごく柔軟になってきましたよね」と戦略面での幅が拡がったことも、阪神が首位を快走している要因にあると分析した。
☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
BASEBALL KING

みんなの感想

  1. 相変わらず粘り強い巨人だけがが気がかりのタネだな。

    1 1

  2. 大山は離脱中 ガンケルも抹消
    相変わらずエラーは多いしチーム状態は完璧ではない
    それでも勝率7割超え
    どこかで補正はかかるだろうけど、それまでに2位以下に差をつけておきたいところ

    30 7

  3. 離脱や不調で替わったメンバーの活躍もそうなんだけど、両リーグ断トツのスタメン固定の中で、必ず複数の好調メンバーがいる辺りが本当に層が厚くなったと感じる。

    4 1

  4. 梅野とスアレス
    この二人には替えがいない
    なんとか最後まで無事でいけますように

    11 1

  5. ベイとの決定的な差は、2番のところなんだよな。
    糸原はほんとに嫌なバッター。

    7 0

  6. 接先制し笑
    ネット記事って誤字多いなぁ

    0 0

  7. 大山選手が離脱後の最初のカードを勝ち越したのは大きい。昨日はガンケル投手の緊急降板の後の馬場投手が嫌な流れを変えるナイスピッチングで自分の中ではMVPです。ガンケル投手の離脱は残念だけど、それでもアルカンタラ投手もいるし、大山選手が離脱しても佐藤選手がその穴を補って余りある活躍。改めて今年の阪神の層の厚さを感じます。

    83 10

  8. 梅野が真の正捕手になったのがデカイ

    0 0

  9. まだ開幕して1ヶ月
    まだまだどう転ぶか分からんよ

    15 5

  10. 投打共、選手層の厚いミルフィーユチームや️

    4 1

  11. 疲れが溜まって来る頃ですね。

    大山選手、ガンケル投手の2人の選手が、疲労から来ているかと思いますが。

    タイガースの層の厚さがあるので、誰かが戦列を離れても他の選手が、カバーが出来ます。

    大山選手、ガンケル投手暫くの間休んで下さい。

    勿論、他の選手も疲れが溜まっている頃なので、怪我が一番怖いです。

    ガンケル投手のアクシデントが、気になります。

    29 5

  12. 今までは調子が良くてもレギュラーが怪我や調子を崩すとそこからガタガタとチームが崩壊していたが、今年は逆に今まで出れていなかった選手が鬱憤を晴らすような活躍をしてくれている。糸井などはレギュラーを与えられ続けていたのでこの様なサブ扱いは屈辱感があるだろうに腐らず準備してきた結果が出ているのでしょう。下半身の故障もあるので今季のように休み休み出る方がいいのかもしれません。

    116 25

  13. 油断しない事が肝心

    3 0

  14. 大山の離脱は予想外だが、ガンケルは逆に活躍が予想外なのでまだまだ余裕はあると思う。
    アルカンダ、藤浪もいるし、斎藤や西純を試してみる価値はあるし、そのあとに高橋も出てくると思う。

    25 4

  15. 選手層は熱いね。大山の離脱のマイナス全く感じない。次の世代の選手もそろっているし。
    北条や二軍いる高山や中谷はどうなるのだろうと変な心配までしてしまうほどだ。

    4 1

  16. 今年はいけそう
    打線も投手も他の球団より1つ抜けてる
    あえて言うなら矢野の采配だけが相変わらず去年から変わらずおかしい。

    2 5

  17. ファンなんて手のひらを返っしゃってね

    5 1

  18. 打線が本格化してきて3カード連続勝ち越しの横浜に、大山藤浪がいない状態で勝ち越せたのは大きい。ガンケルの途中交代もあったしチーム状態としては悪化してきていると思う。
    助っ人8人制がここで生きてくると思うので、控えていた選手たちにぜひ頑張ってほしい。

    64 15

  19. 近年のドラフト戦略と、フロントの外国8人獲得などシブチン阪神とは思えない優勝への本気度が見られる。

    24 6

  20. 打線&機動力&パワーの攻撃陣
    犠打もしっかりできてる。
    QS率高い先発陣に岩崎スアレスの後ろ。

    あとは守備力と7回のピッチャー
    そして、負けてる展開でのリリーフ

    ここがしっかりしたら、阪神無双!

    2 0

  21. 最近岩貞が少しピリッとしないので藤浪をそこに入れるのもありと思います。

    0 0

  22. そろそろ怪我も出始めたし、投手陣の疲れも見え始めた。 でも他球団も同じような状態だ。 これから選手をどう起用するかでこのままのトップで居続けられるかが決まる。ここから夏まで矢野監督の手腕にかかっている・・・

    7 2

  23. 大山やガンケル抜けるの痛いけど
    戦力が大きく落ちることはないからね。
    菅野と坂本が不在の週末の巨人戦、大野と柳が投げない週明けの中日戦、キッチリ勝ち越したおきたい。

    12 1

  24. 昨年は、チームの投手陣の成績が良かったけど…打撃陣は、盗塁数以外は、打率も低く、ホームラン数が少なく得点力がなかったのが、最大の課題だったけど、今シーズンは、規定打席をクリアして3割打者は、糸原君しか居ないけど、極端に打率の低い選手が居なく、打撃陣も調子が良い。失策は、今年も良いが、タイムリーエラーが減ったので、無駄な得点を与え無くなったのも、ここまでのタイガースを強くしている。引き続き、全員野球でプレイしてくれれば、今シーズンの秋には美味しい美酒に酔えるはず。

    22 12

  25. センターラインの固定が長年の課題でしたが中野がしっかり収まってくれたおかげでチームとしての基礎、地盤が出来た

    9 3

  26. セ・リーグ相手じゃ勝って当たり前の感覚
    気分は日本シリーズですよ
    対戦相手はどこかな?

    6 20

  27. 阪神ファンですが08年の事もあるのでまだまだ安心はしていません…交流戦での勝ち越しと五輪明けまでチーム状況が大きく変わって無ければイケるかなと思っています

    7 1

  28. 選手層の厚さもさることながら、矢野監督の、采配もすべてうまくいくこと行くこと。

    14 4

  29. 糸井さんが調子良さげなのも、
    佐藤輝効果なのかなぁ。

    16 4

  30. 3割以上打ってる糸原をバッテリーは警戒しないといけないが、近本が出塁することで盗塁への警戒の方が強まり糸原のヒット確率が上がる。

    貯まったランナーを一発もある3~6番が返し確実に打点を稼ぐ。

    残ったランナーを得点圏打率の高い梅野が返す。
    そしてまた3割以上打ってる中野へと繋がる。

    近本の状態も上がってきてるし、大山ガンケルとちょっと故障も出始めてはいるけど高木さんが言ってたように層の厚さでカバーしていって欲しいですね

    65 17

  31. すべて現状を見ての解説だ。 一ヵ月前に言ってほしかった。 
    と言うことは先の事は、まだわからない。

    7 1

  32. 大山、藤浪、高橋遥が不在でこの強さ
    チェンが落ち、ガンケルが落ちたってアルカンタラがいる
    金太郎飴状態…強い!
    試合を決めるエラーまで減っちゃ太刀打ちできないよ…

    12 2

  33. 個人的には2003年よりも強いと思っています。
    ただ、みんなが心配しているのが2008年の悪夢ですね、あのときはオリンピック辞退した小笠原が打ちまくり、逆に阪神は新井がオリンピックで怪我してしまい、それで終わった。
    今年も梅野が招集されるでしょうから、そこだけですね心配事は

    オリンピック後も特に変わらなければこのまま行けると思う。

    31 8

  34. 元々投手力は高かったし、走塁の意識は高い球団でしたからね。

    選手層では飛びぬけた選手はいなかったけど、平均的な選手はゴロゴロいるんですよね。だから、誰か抜けても穴埋めが良いからそこまで戦力ダウンにならないんですよね。

    そこに怪物ルーキー佐藤や、中野が入り、外国人は日本野球に慣れて絶好調、粘りの糸原が覚醒して、攻撃力が格段にアップしたもんだからそりゃ強いですよ。

    元々基本的なところがあっての攻撃力アップですからね。

    え?失策の多さダントツ?そ、それは・・打撃でカバーしてるようですw

    0 0

  35. 去年いた方々の上積みはもちろんサトーがもはや四番サードで確定。なにより最大の懸念8番の自動アウトがなくなったこと遊撃が決まったことが同時達成とかでかすぎる。今年優勝狙える。どうかこのままで。

    1 0

  36. 今年は、矢野さんの…えっ?…と言う采配が今のところほとんど無いので、勝てていると思います…

    これから、調子の波がある中で、どのよう選手を起用するか…

    手腕が問われるところですね…

    12 5

  37. これだけ色々な引き出しの準備してきた矢野 育成 采配に疑念持っていた人がいなくなった気がする。

    9 2

  38. 生え抜き若手が多く成長している。何より嬉しい。

    6 4

  39. 復調してきたDeNAが思いのほか手強かったが、しっかり勝ち越し出来て良かった。
    スタートダッシュで勝ちまくり、反動も最小限に抑えて、ここからしっかり貯金を作っていきたい。大山の離脱も糸井がカバーするとは嬉しい誤算だし、臨時の佐藤が四番サードで躍動出来てるのもチームが上手く回ってると感じる。
    ライバル巨人も主力離脱が起きてるので、不測の事態をどうカバーするかが優勝のカギですね。交流戦でどう転ぶはわからないが、今の調子なら期待は持てます!

    12 1

  40. 層が厚いとはいえ、コロナもあるし、何があるかわからない。
    現に、選手には疲労が見えはじめ、ケガ人も出てきた。
    大山が離脱しても、大きく戦力削がれてないけど、梅野とスアレスはそうはいかない。

    ここからが監督の采配の見せ所。矢野さん、よろしくお願いします。

    3 1

  41. 解説陣は終盤に巨人が逆転することまで
    見えてますか?

    2 32

  42. 4番の大山と勝ち頭のガンケルが抜けてもセリーグ相手なら五分以上で戦えるだろうが
    交流戦ではかなり苦労する
    巨人も同様だろう

    23 5

  43. 元々投手力はあるチームやったから負け戦でも失点は少なかったからね。
    近本、サンズ、梅野はレギュラー固定やったやろうけど、今年は糸原とマルテの活躍が目立つのとルーキーの佐藤と中野が期待以上の活躍をしてるから得点力にも繋がってるんやと思う。
    5月に入って調子落ちてきたけど、4月だけで見たら2番〜8番はほんまに脅威な打線やったからな。
    チームの調子も落ちてきたけど控え組が奮起して頑張ってほしいです。

    37 3